上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NHK英語でしゃべらナイト見ました。

作業服じゃない社長だイヤッホゥ!

作業服姿も大好きなんですがね。寧ろそっちのが好き。テレビで珍しいもん見たなあとかそんな感じ。

木魚=教義のプレゼンツールってのは事業報告ショーとかでもしばしば聞いてきた事ですが、ああいう発想できるっつー回路が相変わらず想像出来ない。道具を用いた思考過程とかさ。否、その論自体は凄く理解できるだけに何故そういうことを思いつけるのかっていうのがなー…『魚コードのつくりかた』読んでもそこが解んねー…簡単に発想方法が身に付くなら苦労はしないが。
畜生やっぱ凄ぇな。

ライブ映像も久々見た。マリンカとかやっぱ堪んねー。メカトロニカでも見ますかー。
エゲレスのパンクっ子達に「クレイジー!アイツら(日本人)未来に生きてるな!」って言われる魚コードやノックマン等製品群。そうか、明和製品はクレイジーでフューチャーなのか…(笑)。

ロンドンのデザイナーが言ってた超超超西洋的なものっていうのは意味が解らなかったが行き過ぎた模倣の先にそれでも西洋人にはないものが西洋的手法によって表現されるってのは解る気がする。和魂洋才っつーか。入れ物と中身。
ノックマンとか明和製品以外でも究極的にシンプルな表現のものってのは現代的手法・表現(西洋から取り入れてきたもの)だけど存在の意義とか根底にあるものは物凄く日本的。
…纏まんねぇなーいつもながら。この辺はずっとグダグダ悩んでいく所なんだろうな…日本好きとして(別に西洋を否定したい訳ではないが全面的に受け入れるだけってのは腹が立つ)。

明和をメディア越しに見るといつも複雑です。ライブは只々テンション上がるだけなんですけどね!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://slashedcube.blog4.fc2.com/tb.php/52-2843a6de
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。