上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
語弊だとかなんとか色々あるので久しぶりにこっちを使ってみる。

テニミュにがっつり嵌って二年です。比嘉の名古屋公演からなのでホント丸二年。
ファイナルの冬公演も見てまいりました。すげえ良かったです。特に増田様(もはや様付けでないと落ち着かない)は色んなところで言われてるけど
あのこどこから見つけてきた
神の子すぎてビックリした
りゅーきもやっぱりドS役でこそ輝く子です。
以下テニミュ立海ファイナルネタバレを含むので注意
で、個人的には不満が何もない!と思ってたんですが結構アレは違うだのがっかりだのっていう感想をちらほら見かけるんですよね。
別にいいんですよ、感じ方なんか人それぞれなので。
何が気になったかって言うとそういう方って結構『原作厨』と名乗っていらっしゃることが多くて。
ぼんやりと自分は『テニヌ』が大好きだけれども『テニプリ』というものを愛しているわけではないのかもしれないと思った訳です。

【がっかり派の方の感想一例】
最終戦S1なのに展開が早すぎる
夏もそうだが真田を笑いに使うなシリアスな原作を無視するな(ビンタ/準優勝の盾)
原作にない1幕は余分だった
であぷりんすがなくてバンザイはちょっと…青学立海に合ってない

【レビューサイトを回り終わるまでがテニヌです派な私の疑問】
展開が早すぎるのは原作と一緒じゃね?
え、ビンタなんて笑いどころ以外のいったい何だと…盾のシーンなんてあったっけ?(ありがとてにぷりの途中に一コマあったらしい)
ニコニコのまとめ動画を公式がやってしまった感はある
ありがとてにぷりは確かに衝撃だったので入れてもよかったかもね?もはや私の中でバンザイはFGKSと同じ扱い(役<中の人のターン)だったのでその発想はなかったわ

ここまで来ていわゆる普通にキャラ萌えだったり『テニスの王子様』というジャンプ漫画を単体で楽しみにしておられる方々とのズレを感じまして…
もともと当初COOLなものを期待していたのに初期は凄く普通のテニスをしていたので、校内戦以降ジャンプの中で飛ばすものカテゴリに入れてしまったのですよね。
その後腐女子向けだの何だのという評判だけは聞いていたのですけど、用意された萌えなんかいらねえよ、夏。を気取っていたので(中二病)逆に読まない期間が長くなってしまいました。
ネット徘徊が当たり前になりはじめた頃にカフェオレライターでジャンプ漫画途中からレビューにテニヌが加わり、ようやくじゃ一回原作読んでみるか→ジャンプ読む→爆笑→各有名レビューサイトさんの感想考察→加速→その中に「アニメの手塚はパネェ」→ようつべ・ニコニコ→sm27→各MAD→名古屋でもあるなら一回テニミュ行ってみようかwww
ここまで一切萌えとは無縁でした。むしろどこに萌える要素があるんだこんな超テニヌwwwwwと思ってました。

この出発点がすでに違うから今回の冬公演に対する感想も違ってくるのだろうな…
正直原作で純粋にイイハナシダナー的な感動を覚えたことはありません。
しかしテニミュで必死になってる役者さんの演技を見てうっかり、またかとべ様降臨時はその会場にいらっしゃるだけで謎の感動を覚えることはありました。DL6なんてボロ泣きだったよ。
その後原作の該当部分を見直してああ確かに萌えるかもしれない否…萌える、萌えるぞーーーーーーッ!となったのは認めます。
立海萌えなんてその最たるもの。
原作初読はバトル漫画のワクワクと次はどんな度肝を抜かれるかへの期待はあっても萌えなんて感じる暇がなかった。

なんだろうまとまるかと思ったのにまとまらないな。
原作→バトル漫画(漫画として楽しいが聖闘士星矢・キン肉マン的な突っ込みどころすら愛しいタイプ?)
テニミュ→ぶっちゃけ役者さんの影響はデカい。綺麗な顔した男の子たちが時々だったり頻繁にごちゃごちゃしてるのが可愛い。

中の人ありきなのかどうか、ってとこかなぁ…私の場合生で見たあの人たちの見栄え、舞台栄えに惚れたからキャラ的な誤差が合ってもまあそれもアリじゃね?ってなってしまうのだろうな。お、まとまった?
原作について、技やら現象・展開に対してはレビューサイトさんでの考察やら見解を見ているので興味があるが、キャラに対して然程深く考えていないというのもあったかもしれない。

結論としてはテニヌが大好きです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://slashedcube.blog4.fc2.com/tb.php/229-97e3f279
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。